image

こんげばびー!!


あ、この冒頭の挨拶は1週間くらい続けようと思います!


何事も継続は力なりと言いますからね。


アクセ集めで破片ばっかり出たって何回も挑戦すればいつかは現物が顔を出すはず!!


合成だって何回もやってればそのうち………ごめんなさい、それは何回もやってると心が折れそうになります(笑


消費なし理論値よ、はやく完成してくれー!


こんげばびー!!

ゆ~やです。

下のバナーをクリックしてもらえるとランキング順位が上がります!

ドラゴンクエストXランキングへ















image

昔々、神や妖怪がまだ人のそばにいたころの時代。


とある山奥に金色の毛を持った1匹の猿の妖怪が住んでいました。


image

彼の名前は「孫悟空」。


いたずらや軽い悪事が大好きな猿の妖怪です。


あんまり悪さをするものだから山の周辺の村や町の人はほとほと困り果ててました。


image

「今日はどんないたずらをしてやろうかな!」


孫悟空は今日も町や村の人々にいたずらをする気満々です!


image

「おーい!筋斗雲ー!」


筋斗雲とは彼御用達の乗り物。


一度乗れば10万8000里(6万500km)の距離をおよそマッハ17万6000(秒速6万km)を移動するモンスターマシンである。


ちなみに10万8000里は地球半周分の距離らしいです。とんでもねぇな筋斗雲!!


image
image

そうして町に繰り出した悟空はいたずらを繰り返します。


自慢の如意棒で兵士にちょっかいを出したり、他人の家に勝手に上がり込んでは家主のように振る舞ってやりたい放題。


image

「今日もたくさんいたずらしてやったぞ!」


悟空は満足そうですが、町人はたまったもんじゃありません!


困り果てた町人達はお釈迦様にお願いしました。


「あの猿めをどうにかしてください。」


すると町人が願った翌日のこと。


image

「今日はどんなことをしてやろうか?」


悟空がいつものように筋斗雲にまたがり町へ行こうとすると天から声が聞こえてきました。


「ちょwww悟空よ、あなたのいたずらに町人はほとほと迷惑しています。ここでしばらく頭を冷やしなさい。」


image

「ああああああああ!」


お釈迦様が悟空を戒めると空から大きな岩山が降ってきました!


image

ドーーーーーン!


こうして悟空はお釈迦様によって岩山の中へ封じられてしまいましたとさ。


悟空が三蔵法師に出会うのはまだ先のお話。







image

「続きは……ないよ?」


原作の西遊記はもっと色んな理由で悟空は封印されたんだけど、これはだいぶ表現を和らげてます。


三蔵法師やら猪八戒、沙悟浄をやってくれる人がいれば続きも書くかも!(笑


いつもと一風変わった記事になったけど、なんとなく西遊記が書きたくなって書きました!


たまにはこんな感じのもいいよね?







配役するなら、やっぱりドワ男が猪八戒で沙悟浄はウェディかな!

ドラゴンクエストXランキングへ